肥満の人が運動で体重を減らす場合

体を動かすことが好きではないことが、肥満の人が体重を減らしづらい原因になりがちです。
肥満の人は、今日からすぐにハードな運動をしようと思っても、なかなか続かないといいます。
肥満の人は、代謝を上げるために筋力をつける運動をするところから着手をすることが大事です。午前中は、筋肉を増強するのに向いている時間です。
朝のうちから代謝を高めることができるためです。食事をする前の筋トレが効果が発揮されますので、推奨タイミングは朝食前ということになります。
肥満の人はこのようにまず筋トレから優先して運動を始めることで代謝がアップし、スムーズに体重を減らすことができます。
有酸素運動は、筋トレの次段階でおすすめしたい運動です。肥満の程度がはげしい人は、ウォーキングなどがいいかもしれません。
週に4、5回くらいの頻度で、一回一時間のウォーキングをしてみてください。
ウォーキングから始めて、体が物足りなくなってきたらランニングの時間を入れるのもおすすめです。
ウォーキングは酸素を体内に取り込みながら体を動かすことができるので、脂肪を燃焼させることができます。
毎日コツコツと続けることで、肥満体型の人でも体重を減らし、ダイエット向きの体になれます。
肥満気味で体重を減らしたいという人は食事と生活習慣の改善に適度な運動を加えることが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA