転職活動時における面接試験の辞退について

転職活動中は複数の企業との面接を掛け持つ事になるため、面接日時が重なってしまうことも考えられます。
次回面接のスケジュールを入れた後で、今受けている企業の採用が決まり、面接に行く必要がなくなることもあります。
転職活動がうまくいき、採用が決定されたら、やりかけている採用試験はそこでストップする必要があります。
既に次の面接の期日が決定している時に、辞退の連絡をしなければいけない時は、どうすれば失礼にならないでしょう。
面接辞退ということが起きたら、状況が判明し次第、急ぎで連絡をするといいでしょう。
辞退の連絡に気が進まなくて、何も話さずにギリギリになってしまったというものは、マナーに抵触する行動です。
もちろん何も連絡をせずに辞退するということは、社会人としてマナー違反になるので、連絡は必ずするようにしましょう。
他社への採用が決まったという人は、可能な限り早いうちに連絡をするようにしましょう。
一般的に、面接を辞退することになった場合は、メールでの連絡でも問題はないと言われています。
ただし、メールで急ぎの一報を入れた後、電話できちんと事情を説明することで、相手への敬意を示せます。
転職先の会社が、業種が同じだったり、いつか何らかのつながりができてくるだろうと思っているなら、丁寧な態度で接することは意味があることです。
辞退の連絡を入れた時に、事情を尋ねられることがありますが、後ろ暗い理由ではないので正直に話しましょう。
聞かれたことをストレートに回答しても不都合が生じることはありませんので、事情を話してしまうといいでしょう。